親知らず(智歯)の抜歯


多くの歯科医院では、親知らずが生えていることが確認できると抜歯を勧めるでしょう。

日常生活での歯磨きの難しさなどを考えると、たしかに抜歯がベストです。

では、抜歯するとなった際、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

まず、下の親知らずの抜歯の場合は「口腔外科出身の先生」に診てもらうのが一番かと思います。

歯科医院も、「口腔外科」と表記されているところを選ぶのがいいです。

一般の歯科でも抜けないことはもちろんないのですが、下の親知らずの近くには大きな神経が通っています。

抜歯の際に傷つけてしまうと後々後遺症が出てくることも稀にありますので、より専門的に「親知らずの抜歯」を扱う口腔外科を頼った方がいいでしょう。

ある患者様のお話ですが、この方は下の歯が痛みだしてしまったので街でも「口腔外科」の表記がある歯科医院にかかったところ、「下の親知らずが半分埋まって横に生えている状態だから、抜歯したほうがいい。

でも、この状態だと神経を傷つけてしまう可能性もあるので紹介状を書くから大学病院の口腔外科で処置してもらったほうがいい」との説明を受け、大学病院で抜歯をされたそうです。

抜歯後の処置も医師の出身科で異なるようですが、この患者様の場合は抗生剤アレルギーがあるとのことで傷口をしっかり縫い、術後に服用する薬の量を抑えて安静にしていたそうです。

非常に腫れたそうですが、自分の体質や親知らずの状況、そして性格にあった抜歯方法を選んでもらったと経過には非常に満足しておられるということでした。

ちなみに、抜歯対象の親知らずが上であった場合は、神経や骨との関係が下ほど複雑ではないのでいわゆる「街の歯医者さん」でも抜くことは可能です。

下よりも簡単で、術後の経過も比較的良好な場合が多いです。


関連記事