小児矯正歯科費用


T矯正治療では、歯並びを整え、噛み合わせを調整して行きます。

歯は、成長過程の中で乳歯から永久歯へ生え変わります。

また顎も成長に合わせて大きく頑丈になって行きます。

このような成長過程の中で、歯と顎のバランスが悪くなり、噛み合わせが悪くなってしまう場合があります。

このような状態を不正咬合といい、矯正治療を利用して治して行きます。

小児矯正を利用して早めに治しておくと、料金(費用)も安く抑えられる場合があります。

軽く乱れた歯並びを整えるようなケースでは、比較的短期で済みます。

治療が軽い場合、矯正後のメンテナンスを上手にできれば、成人後に再度矯正する必要もなく、そのまま綺麗な歯を保つことも可能です。

また小児矯正を済ませておくと、もし成人後に矯正治療が必要となった場合でも、時間短縮ができるメリットがあります。

成人してから初めて矯正治療をするような場合は、ひどい噛み合わせが続いた結果、その影響よって歯の噛み合わせ状態が日々悪化しているケースもあります。

このような場合、治療にも時間もかかるので、料金(費用)も負担が大きくなってしまうことがあります。

また成人矯正では、顎の成長が終わって土台となる顎の形が定まっているので、抜歯なども必要となるケースがあります。

ひどい噛み合わせのまま過ごしていると、歯並びの問題だけではなく、顎にも負担がかかって顎関節症になる恐れもあるので、心配な場合には早めに相談してみましょう。

また受け口と呼ばれる噛み合わせの場合、成長過程において、顎が変形してしまう場合もあります。

顔の輪郭も変わってしまう事があるので、顎がずれていると感じるような場合には、早めに歯科医師の診断を受けてみましょう。


関連記事