訪問歯科

初診WEB予約

お電話でのご予約/お問い合わせ

042-398-4618
アイキャッチ1

小児矯正歯科無料相談

B小児矯正では、早めに相談する事が大切です。

歯の形で悩んだり、コンプレックスを感じながら成長をする人は多いものです。
そのような場合には、我慢せずに早めに歯科医師に相談してみましょう。
受け口と呼ばれる歯の形の場合、顎がバランス悪く成長してしまう事があります。
そのままでいると成長過程において、顔の輪郭が変わってしまう場合もあります。
顎が噛み合わせに応じて変形してしまうケースもあるので、注意しましょう。
受け口の場合は、三日月型のような顔の輪郭になってしまう事もあり、気になる場合には、早めに歯科医師で診察を受けましょう。

 
また受け口の場合、噛み合わせにも問題が生じているケースがあります。
正しい噛み合わせになっていない状態では、ものを食べる際に力が入りません。
このような噛み合わせの場合、前歯で上手に噛み切ったり、奥歯で上手に噛めないので、食生活にも大きな影響を与えてしまいます。
また発音がはっきりしない場合もあり、社会生活において支障を感じるケースもあります。
受け口に限らず、出っ歯の場合も、口元を気にして悩んでいる人はたくさんいます。
歯並びを気にして人と話すことを避けたり、笑顔を見せないようにしている人もいます。
中には、内向的な性格になってしまったり、強いコンプレックスに苦しんでしまう人もいるので、気になる部分がある場合には、我慢せず早めに相談をすると良いでしょう。
小児矯正を上手に利用できれば、思春期を迎える前に治すことも十分可能なので、自己判断で諦めたりせず、まずは相談してみましょう。
歯の悩みは、人それぞれ違います。
歯の形が気になったり、顎の変形に気づいた時には、早めに歯科医師の診察を受ける事が重要大切です。