小児矯正歯科の期間


小児矯正では、永久歯の生え変わりの様子を見ながら治療を進めて行きます。

また成長過程では顎も大きくなって行くので、顎と歯のバランスを見ながら治療します。

このような点を考慮しながら治療を進める為、小児矯正の期間は、長期化することもあります。

また歯の状態によっては、顎が成長した後、再度矯正治療を行うケースもあるので、期間が想像以上に長期化してしまう事もあります。

このように小児矯正の期間は長期化する可能性もありますが、早い段階で矯正を行うことによって、メリットもあります。

Mother and Daughter Hugging例えば、成人の歯科矯正をする時は、顎が成長した後なので、基本的に歯を動して治療を行います。

一方、小児矯正では、まだ顎が成長段階にある為、顎の成長をコントロールすることも可能です。

矯正器具を利用し、顎と歯のバランスを見ながら、顎の成長を抑えたり、促したりする事ができます。

小児矯正では、このように成長過程をうまく利用しながら、歯と顎のバランスを見て治療を進めて行く事が可能です。

歯と顎の成長も含めた総合的治療となる場合には、期間も長期的になりやすく、また矯正の治療費も増していくので、最適な時期を見分けることが大切なポイントです。

また顎の変形が見られる場合には、顔の輪郭にも影響を与えることがあるので、注意しましょう。

このような場合、噛み合わせの問題だけではなく、ハッキリとした発音ができない等の問題も出て来ます。

食べ物を食べる際には、力が弱く、うまく噛みきれない人もいます。

顎の変形いうと身近に感じられない人もいますが、例えば顎が左右どちらかに傾いて曲がっている形の場合には、顎への負担から将来、顎関節症になる可能性もあります。

歯や顎が気になる場合には、早めに歯科医師に相談してみましょう。


関連記事