訪問歯科

初診WEB予約

お電話でのご予約/お問い合わせ

042-398-4618
診療案内

歯ぎしりの問題点

歯ぎしり(歯軋り)の問題点

Bruxism problem
歯ぎしりには、虫歯や歯周病といったお口周りのトラブルだけでなく、体全体の不調や、重大な病気の原因につながる可能性が指摘されていたりと、様々な問題点があります。寝ている間に歯ぎしりをすると、歯と歯が長時間こすり合わされるので、いつの間にか歯がすり減っていたり、欠けてしまうといったことがよく起こります。
せっかく歯科治療で入れたセラミックなどの詰め物やクラウン(被せ物)が外れやすくなったり、割れてしまうこともあるので、要注意です。
また、歯がすり減ることにより、冷たい物が染みるといった知覚過敏の症状になったり、歯ぐきへのダメージから、歯周病が進行しやすくなってしまう危険性もあります。歯ぎしりをする人は、常に歯を強くかみ締めている傾向が強いので、あごに対する負担も大きくなります。そのため、あごが開きづらくなったり、あごに痛みを感じたりする他、本格的に顎関節症として症状が悪化してしまうこともあります。
 
長期間放置しておくと、歯ぎしりが原因で肩こりや頭痛、腰痛など色々な症状に発展することがあるので、くれぐれも注意しましょう。さらに、歯ぎしりした後に呼吸が停止しやすいといったように、睡眠時無呼吸症候群との関連性も指摘されています。睡眠時無呼吸症候群は、生活習慣病になりやすいなど非常にリスクの高い病気なので、その点も十分認識しておいた方がいいでしょう。
また、当然のことながら、歯ぎしりをすると、カチカチ、ギリギリといった音がするので、一緒の部屋で寝ている家族にも迷惑がかかります。家族ならまだしも、友人や知人と旅行に行った時などに、知らずに迷惑をかけてしまうと、お互いにバツの悪い思いをすることになり兼ねませんよね・・。
 
自分ではなかなか気づきにくい症状だけに、家族にも様子を伺うなど日頃からチェックを行い、もしも指摘を受けたら、早めに歯科医に相談するようにしましょう。