訪問歯科

初診WEB予約

お電話でのご予約/お問い合わせ

042-398-4618
アイキャッチ1

訪問歯科

訪問歯科診療とは

訪問歯科診療とは通院が困難な方のために、歯科医師や歯科衛生士がご自宅や介護施設に出向いて歯科診療を行います。
通院が困難な方とは、介護認定を受けている方やお身体が不自由な方で自力で歯科医院に通院できない方を言います。

訪問診療の流れ

1.訪問診療のお申し込み

当院に電話・メール・FAXにて訪問診療の受診ご希望をご連絡ください。以下の「訪問診療申込書兼問診票」をダウンロードし、ご利用ください。
→訪問診療のお申し込み書はこちらからダウンロードできます(訪問申込書.pdf)

2.申込者さまに当院よりご連絡し、初回訪問日を決定します

3.初回訪問日に歯科医師がご自宅や介護施設に伺います

ご準備いただくもの→各種保険証(保険証・介護保険証など)、お薬手帳
患者様の健康状態やお口の中を確認させていただきます。初回は検査中心とし、2回目より本格的な治療を開始いたします。
ご家族様などに今後の治療方針をご説明いたしますので、お立会いをお願いいたします。
治療できるスペースやコンセント、水回りを確認させていただきます。

4.お会計、次回の訪問日を決めます

訪問診療の費用

訪問歯科診療には医療保険と介護保険が適用されます。自己負担額に応じた費用をご負担いただきます。

訪問診療でできることは?

医院より機材や材料を持参し、診療を行いますので、入れ歯治療、お口のケア、むし歯治療など基本的な治療が可能です。
全身状態に合わせて、医科主治医と連携を取りながら診療を進めていきます。

食の喜びを!

入れ歯が合わず、痛くて使えない。
そのままにしていませんか?
ただでさえ、年齢を重ねていくと、噛む力や飲み込む力が弱くなります。その上、入れ歯が使えなければ、口から食べることが困難になります。
噛める入れ歯があり、口から食べることは人生を豊かにします。
また、噛むことで脳血流量が増えますので、認知症のリスクを下げると言われています。
新秋津歯科タナカでは多くの入れ歯治療をしてきたからこそ、訪問診療の場でも噛める入れ歯を提供するよう努めます。

口腔ケアで肺炎予防!

介護が必要な状態になると、ご自身で歯磨きすることは難しくなりますし、介護する方が歯磨きをすることも難しいでしょう。
残っている歯の周り、お口の中にはバイ菌がたくさんいますが、それらのバイ菌は肺炎の原因となります。
要介護者でお口のケアをしている方の肺炎発生率は、していない方の半分程度になります。
また、お口のケアは肺炎の予防になるだけではなく、噛む・飲み込むといった口腔機能や爽快感による生活の質を改善する効果があります。