訪問歯科

初診WEB予約

お電話でのご予約/お問い合わせ

042-398-4618
診療案内

小児歯科のご相談

two little girl's playing doctor健康で豊かに生活するための基本は、毎日おいしくごはんが食べられること。そのために大切なのが歯の健康です。
子どもの歯の健康は、子どもの発達に、とても大切なことです。
生涯にわたって、健康な歯でいられる生活習慣の基礎をつくるのは乳幼児期です。
小児歯科とは、歯が生えてから、おおよそ13歳〜14歳くらいの永久歯がはえそろうまでが対象となります。
まず乳歯が生えてきて、それから永久歯への交換がはじまります。大人と比べて、とても虫歯になりやすい時期になりますので、注意が必要です。
お口の中のトラブルも、大人が起こりやすいトラブルとは異なりますので、保護者はお子さんのお口の状況を判断できないこともあります。
何か不安なこと、相談したいことがある場合は、すぐに受診をしましょう。

小児でよくある相談は、緊急を要するものでは、「歯をぶつけてしまった」「痛みがあるがどうしたらいいか」などです。
歯をぶつけてしまった場合は、出血の有無にかかわらず、必ずすぐに受診をしましょう。
見た目は正常でも、中の神経に影響がでている場合もあります。歯をぶつけて、グラグラと歯が動いてしまっている場合も同様です。
歯を保存できる可能性がありますので、早めに受診をすると良いでしょう。まれに、歯をぶつけてしまい、そのまま歯が抜け落ちてしまうことがあります。
この場合、歯や歯ぐきの状態によっては、そのまま歯を再植(さいしょく)し、元に戻すことができる場合があります。
抜けてしまった歯は、“洗わずに、牛乳に入れて、歯科医院へすぐに持っていく”ようにしましょう。
 
痛みがある場合も、まずは受診をしましょう。虫歯が進行している場合に痛みがでることがあります。
また、乳歯が抜ける時に痛みがある場合もありますし、永久歯が生えてくる場合に痛みがある場合もあります。
その他に、口の中に口内炎などができて痛い場合や、歯と歯の間にものが詰まって痛い場合があります。
子どもが歯の痛みを訴えるときには、どこが痛いのかはっきりとわからないことがあります。
痛みがある箇所を、的確に伝えるのは、なかなか難しいことです。何回か痛みを訴える場合は、きちんと歯医者さんに診てもらうようにしましょう。