オールオン4の治療方法

オールオン4の
治療方法について

Young Girl (13-14) Holding Her Nose at the Dinner Table

オールオン4の治療方法は、基本的には通常のインプラント治療と同じ流れになります。
まず始めにレントゲンを撮って、現在お困りになっている事や、治療方法、治療にかかる費用などをカウンセリングしていきます。次に一般的なお口の中の検査や検診で、虫歯や歯周病、噛み合わせなど、お口の中の検査とお身体の状態を診査します。

お口の中の検査とお身体の検査の後は歯科用CTによるオールオン4の治療に必要な精密検査を行い、インプラントを埋入する部位の骨の量や骨の質を検査していきます。

オールオン4のインプラントは4本必要となりますが、顎の骨の状態によっては、埋め込むインプラントの本数が数本増える事もありますが骨が薄い方でも骨の移植は必要ありません。
オールオン4の治療方法、外科手術では歯茎をメスで切開するフラップ法と、切開せずにパンチで穴を開けるフラップレス法の2種類があり、どちらかの方法で治療を行います。

フラップ法

フラップ法の場合、麻酔後に歯茎をメスで切り開き、歯科用の小型ドリルで穴を開けます。
穴が開いたらインプラントを埋め込む為の型(テンプレート)を固定させ、型の上から4つの穴を開けます。

フラップレス法

フラップレス法はメスは使用せず歯茎の上から歯科用のドリルで穴を開け、型を固定後にパンチで歯茎を切り取り、型の上から4つの穴を開けます。
穴が開いたら4本のインプラントを埋め込み、人工歯とインプラントを繋げる為にアバットメントを装着します。
歯茎をメスで切開した場合は、糸で縫い合わせ、アバットメントが歯茎の上に出ている状態で、外科手術は終了となります。手術後は30分~1時間ほどガーゼを噛み出血を落ちつかせます。 出血が落ち着いたら、噛み合わせを確認し、仮の人工歯(12本前後の歯が並んだ人工歯)を取り付けます。

オールオン4の治療方法では、インプラントを埋め込んでから、少し休憩をしていただき、数時間後には仮歯の装着まで1日で行うことができますので、患者様への負担も少なく済みます。

総合的な歯科検診の
ご相談・ご予約はこちらから

TOP
初めての方へ
当院の特徴
料金表
よくあるお悩み
ドクター紹介
診療案内
口臭
症例
アクセス
お問い合わせ
WEB予約

©️ 秋津駅前すぐの歯医者【新秋津歯科タナカ】

・平日 10:00-21:00(最終受付20:00)
・土日 10:00-18:30(最終受付17:00)
休診日:祝日