訪問歯科

初診WEB予約

お電話でのご予約/お問い合わせ

042-398-4618
アイキャッチ1

インプラントの構造

implant structureインプラントは、フィクスチャーといわれる人工歯根と、人工歯、そして、フィクスチャーと人口の歯を連結させる役目をするアバットメントによって構成されています。

 

顎の骨に埋入させて、歯根の役目をするフィクスチャーは、生体親和性が優れているチタンが素材に使われているので、金属アレルギーの心配がありません。
フィクスチャーの長さは9ミリ~19ミリ、太さは3.5ミリ~5.0ミリで、顎骨に合わせて選択した物が使われます。
フィクスチャーにアバットメントをネジで組み合わせてできた支台に、セラミックなどで作られた人工歯をネジ止め、またはセメントで接着します。
この接続部分が出っ張っているタイプをエクスターナルタイプといいます。
インプラントの治療に使われるフィクスチャーやアバットメントは、メーカーによりいろいろな種類がありますが、エクスターナルタイプのものには他メーカーと互換性のあるものもあります。

 

接続部分がへこんでいるタイプはインターナルタイプといい、細菌が入り込みにくいという長所がありますが、他メーカーとの互換性はありません。
また、フィクスチャーとアバットメントがいっしょになっているものもあります。
これは、後日、人工歯が欠けるなどして、人工歯を取り外さなくてはならないことになった場合、再手術をしなくてはならないことがあります。

 

フィクスチャーとアバットメントをネジで組み合わせる構造になっているものは、簡単に人工歯を取り外し、修復が必要なパーツごとに治療することができます。
人工歯には、ジルコニアのフレームにセラミックを焼き付けたジルコニアセラミッククラウン、オールセラミッククラウン、セラミックとプラスチックを混ぜた作られたハイブリッドセラミッククラウン、金属のフレームにセラミックを焼き付けたメタルボンド、金合金で作られたゴールドクラウンなどがあり、目的と予算によって選ぶことができます。