ブリッジ治療について


歯を失うという事

まず最初に歯を失うことが、人の体にどんなダメージを与えるのかについてご説明しようかと思います。

1本抜けるだけでも咬み合わせに歪みが生じる。

食べこぼし歯は上下合わせて28本(親知らずを合わせると32本)生えてきます。

それぞれの歯はバラバラに動くのではなく、上下それぞれ1列がセットとなっていて(歯列)、上下の歯が咬みあう事で噛むときにかかる歯への力を分散させて効率よく物を噛んでいます。

歯を1本でも失うと、噛みあわせが崩れて噛む力に大きな影響を与えるのです。

今までと変わらず食事をしているつもりでも、食べこぼしをしたり、飲み込みが上手くいかず胃に負担をかけます。

前歯が抜けた場合の影響
  • 見た目が悪くなる。2本以上抜けると、顔の形が変わる(歪みが生じる)
  • 見た目を気にして、つい抜けた歯を隠そうとして口を大きく開けることができず、対人関係に支障をきたす場合がある。
  • 抜けた歯の隙間から空気が漏れ、はっきりとした発音が出来なくなる。
  • 何より重要なのは前歯の役割でもある「食べ物をかみ切る」という作業が上手くいかなくなる。
奥歯が抜けた場合の影響
  • 前歯が一口大に噛みきった食べ物を、舌の力を借りながら、ずり潰したり噛み砕いたりするが、抜けてしまうと、抜けていない方の奥歯ばかりを使うようになり、咬み合わせに歪みがでる。
  • 抜けた歯が奥歯の場合は、かみ合っていた上の奥歯が、下の奥歯があったところの隙間に向かって出っ張るように伸びてくる。根がむき出しになることもある。

歯並びも悪くなる

歯並び歯が抜けると、抜けた歯のスペースに隣の歯が傾いてきます。

長い期間、歯を抜けたままにしておくと、抜けた歯の隣や上の歯だけにとどまらず、他の歯もどんどん移動してしまいます。

顎のスペースに対し少ない本数が並んでいるので歯並びが悪くなり、咬み合わせが上手くいかず、きちんと物を噛むことが出来なくなります。

また、歯は垂直方向の力には強いのですが、横からの力には弱く、傾いて生えた歯には大きな力が働きます。その結果、歯が痛くなったり、グラグラしてくることもあり健康な歯へのダメージも避けられません。

歯並びが悪くなることで歯磨きも十分に行き届かず、虫歯や歯周病にかかるリスクも高まります。

失った歯を取り戻すための方法として主に、ブリッジ・入れ歯・インプラントがありますが、ブリッジについてご説明します。

ブリッジとは?

ブリッジブリッジとは名前の通り、失った歯の両側の歯を土台にして、無くなった歯のところに人口の歯を橋のように取り外しできないように被せる方法です。

(ただし、抜けた歯が多いケースでは支えとなる歯が足りず、ブリッジにできない場合もあります。)

ブリッジのメリット

  • 噛む力はほぼ変わらず違和感が少ない。
  • 土台となる歯が虫歯や歯周病にならない限り長く使用できる。
  • 取り外しをしなくてすむ。
  • 保険診療が可能。ただし、治療範囲によっては保険診療が行えない場合がある。

ブリッジのデメリット

  • 土台となる歯を健康で何も問題ない状態でも削らないといけない。
  • 削ることで虫歯リスクは高まる。
  • 失った歯が多い場合は、土台となる歯により大きな負担となる。
  • 両側のクラウン(かぶせ物)とブリッジの部分(失った歯の部分)は保険の場合、臼歯(奥歯)は金属で製作するので目立つ。
  • 食べ物が詰まりやすく、お口の中が不衛生になりやすい。

ブリッジ治療に使用されるかぶせ物の種類

では実際にブリッジ治療に使用される素材にはどのようなものがあるのかご説明いたします。

オールセラミック

オールセラミックのブリッジ
オールセラミックのブリッジ
オールセラミックのブリッジ
特に前歯におすすめです。

メリット
  • 体に害がなく馴染みやすい。
  • 正確で精密なかぶせ物が出来る。
  • 光を透過するので、天然歯のように美しく自然な状態に見えるように製作できる。
  • 壊れにくく、丈夫である。
  • 神経のある歯にも。金属使用していないので自身の歯を土台としてかぶせ物を製作しても凍みにくい
  • 金属を使用していないので歯肉の変色がない。
  • 汚れがつきにくい。
デメリット
  • 天然歯と比べると硬い。
  • セラミックが稀にかける場合がある。

メタルボンド

メタルボンドブリッジ
メタルボンドブリッジ
臼歯部におすすめです。前歯にも可。
内側のフレームに金属を使用し、その上にセラミックをつけていきます。

メリット
  • 強度と耐久性に優れている。
  • 歯の先端には金属フレームがない為、天然歯に近い状態に製作できる。
  • 馴染が良いので、虫歯になりにくい。
  • 汚れがつきにくい。
デメリット
  • 歯肉退縮した場合、歯肉との境目の部分に黒いラインが見えることがある。
  • 内側が金属の為、透明感がオールセラミックに比べ劣る。
  • 歯肉の色が変化する場合もある。(セラミック部分の変色はない。)
  • 金属アレルギーの原因となる
  • 透過性がない

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックブリッジ
内側のフレームに金属を使用し、その上に樹脂の混ざったセラミックをつけていきます。

メリット
  • 土台となる歯への負担が少ない。
デメリット
  • 樹脂が混ざっている分、徐々に着色する。
  • 金属アレルギーの原因となる。
  • 歯肉の色が変化する場合もある。
  • 歯肉退縮した場合、歯肉との境目の部分に黒いラインが見えることがある。
  • 透過性がない

パラジウム(銀歯)

保険適応。保険で製作する臼歯。

メリット
  • 保険適応のため、安価にできる。
デメリット
  • プラスチック部分は単色の為、天然歯と色味が異なる。自然な仕上がりは難しい。
  • すり減りやすい。
  • 臼歯はすべて金属で出来ているため、お口の中で目立つ。審美性が良くない。
  • 金属アレルギーの原因となる。
  • 歯肉の色が変化する場合がある。

硬質レジン前装冠

保険適応。保険で製作する前歯。

メリット
  • 保険適応のため、安価にできる。
デメリット
  • 前歯部(硬質レジン前装冠)は金属のフレームの上にプラスチックの材料を使用するため、着色しやすい。
  • 主に第一小臼歯~前歯が適応ではあるが、保険では使用できる範囲に制限がある
  • 金属アレルギーの原因となる
  • 歯肉の色が変化する場合がある。

ブリッジを長持ちさせるには?

支えにしていた歯が使えなくなると、ブリッジそのものが使えなくなります。

支えにしている歯は削ってかぶせる治療をしているので、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

支えにしている歯の健康を守るために歯科医院での定期健診及びセルフケアとして、毎日のブラッシングや歯間ブラシ、ブリッジに適したフロスを使用するなどして汚れが溜まりやすいところはキレイにすることが重要です。