部分入れ歯とインプラントは
どちらがいいの?

部分入れ歯とインプラントは
何が違う?

どちらの治療法にもメリットとデメリットがあります。インプラントが最も優れた治療方法とは言えません。確かにインプラントは骨と結合するため、噛む力は部分入れ歯よりも強く、ご自身の歯と同じように噛めますが、外科処置が必要であり、治療の期間は長くなります。

インプラントを部分入れ歯に
利用する方法

部分入れ歯のデメリットを補うためにインプラントを利用する方法があります。部分入れ歯は歯ぐき(顎堤)の上に乗っているので、歯で支えていても、部分入れ歯は動いてしまいます。部分入れ歯が動きにくくするために最小限のインプラントを利用します。

歯が右側にしか残っておらず、このまま噛むと部分入れ歯は左側に沈み込んでしまいます。そこで左側にインプラントを利用して、部分入れ歯が左側に沈み込まないようにしました。

この症例の詳細はこちらへ

総合的な歯科検診の
ご相談・ご予約はこちらから

TOP
初めての方へ
当院の特徴
料金表
よくあるお悩み
ドクター紹介
診療案内
口臭
症例
アクセス
お問い合わせ
WEB予約

©️ 新秋津歯科タナカ

・平日 10:00-21:00(最終受付20:00)
・土日 10:00-18:30(最終受付17:00)
休診日:祝日