虫歯の予防


Caries prevention虫歯は、予防をすることができる疾患です。虫歯は一度穴があいてしまうと元には戻りません。しかし、的確に虫歯予防をしていけば、確実に虫歯リスクを減らすことができます。

『虫歯予防』とひとくちに言っても、様々な予防方法があります。虫歯の原因はひとつではありませんので、様々な報告から虫歯予防のアプローチをしてくことが大切です。

1.虫歯菌へのアプローチ

虫歯の原因のひとつである虫歯菌に対しては、プラークコントロールを行い、虫歯菌を除去することが大切です。

毎日のブラッシングはもちろんのこと、普段は取り除けない細かい箇所は、歯科医院で専門的にクリーニングをすることをおすすめします。

2. 間食のコントロール

甘いもの、特に砂糖(ショ糖)は、虫歯の主な原因のひとつです。特にダラダラと摂ることは危険です。

甘いものが歯に接している時間が長ければ長いだけ、虫歯になりやすくなりますので、時間を決めて食事を摂ることが大切です。

例えば、朝昼晩の食事以外に、間食は15時…など、規則正しい食生活をしましょう。規則正しい食生活をすることで、口の中は酸性に傾きにくくなり、虫歯になりにくくなります。また、規則正しい食生活は、唾液の分泌も盛んにします。

唾液は、人間に生まれつき備わっている虫歯予防システムです。唾液は、酸性に傾いた口の中を中和する作用や、抗菌作用などがあります。

 

もうひとつ、間食=甘いお菓子…という考えを取り払ってみましょう。

例えば、焼き芋や小魚など、虫歯リスクは少なく、栄養満点です。特にまだ乳歯の生えているお子さんは、甘いものばかり食べているのは危険です。食生活を見直してみましょう。

3.歯質の強化

歯そのものの質を強化する方法があります。『フッ素』を利用する方法です。

『フッ素』は、歯の表面を強固にし、虫歯菌の酸に溶けにくくします。『フッ素』は、私たちが普段口にしている魚介類や、お茶などにも多く含まれています。

虫歯予防で使用する際は、多くの歯みがき粉に含まれていますので、『フッ素』の配合された歯みがき粉を使用すると良いでしょう。

歯みがき粉には『フッ素』『モノフルオロリン酸ナトリウム』『フッ化ナトリウム』などと記載されておりますので、歯みがき粉のパッケージをチェックしてみましょう。わからない場合は、歯科医院でおすすめの歯みがき粉を紹介してもらうのが確実です。

 

また、『フッ素』は、生えてまもない未成熟な歯質や、乳歯に、強い効果を発揮します。

ですから、乳幼児や、乳歯から永久歯に生え変わる中学生くらいの時期に利用すると、特に効果があります。

歯科医院では、『フッ素塗布』といって、専門的にフッ素を塗布する処置を簡単に行うことができます。

歯みがき粉よりも、一回の効果が高くなりますので、定期的に歯科医院で塗布することをおすすめします。


関連記事