訪問歯科

初診WEB予約

お電話でのご予約/お問い合わせ

042-398-4618
アイキャッチ1

虫歯治療

虫歯とは

about Curies
口の中の細菌が砂糖などの糖質を取り込んで、歯を溶かす『酸』を作り出すことによって、歯質が溶かされて起こります。『歯周病』と並び、歯科の二大疾患であり、歯を失ってしまう原因の一つです。
歯質が溶け出す作用を『脱灰(だっかい)』といいます。逆に歯質の溶け出した成分が再び歯に戻っていく作用を『再石灰化(さいせっかいか)』といいます。
『脱灰』と『再石灰化』の作用は、常に歯の中で起こっています。これらのバランスがしっかりとれている時は虫歯にはなりません。

 
何らかの理由で、この2つの作用のバランスが崩れ『脱灰』のの方が進んでしまうと、虫歯になってしまいます
虫歯には多くの人が悩まされた経験があるのではないでしょうか。
虫歯はどの世代でも抱える一般的な病気です。
しかし、生えたばかりの歯の方が、未成熟で溶けやすい傾向にあるため、成人よりも子どもの方がかかりやすい病気といえます。
逆に高齢者では、歯質の表面が成熟しており、溶けにくい傾向にあるようです。
高齢者が注意しなければならないのは、『根面う蝕(こんめんうしょく)』といって歯の根の表面が虫歯になる状態です。
歯周病や加齢によって、歯ぐきが痩せてくると、歯の根っこが歯ぐきの外に露出してきます。
 
歯の表面は『エナメル質』とう固いよろいで覆われていますが、むき出しになった歯の根は、エナメル質に比べて軟らかいため、虫歯になりやすく、進行が早くなります。
また虫歯は進行性の非可逆性疾患です。つまり一度かかってしまうと自然と元に戻ることはありません。
放っておいて治ることはありません。ですから、まだ進行の少ないうちに“早めに治療をすること”が大切なのですね。
しかし、歯質に実質欠損のない『初期虫歯』の状態では、多少の改善も期待できます。
これは、定期的に歯科医院で健診を受けることが第一です。
初期虫歯を早めに発見し、的確に虫歯予防をしていくことで、穴があくのを防ぐ事ができます。
虫歯は怖い病気でもありますが、自らが注意することで、確実に予防ができます。
 
虫歯は細菌(ミュータンス菌)が原因で起きますが、個人差があります。
歯ブラシをそれほどしなくても虫歯にならない人もいれば、熱心にやっても、虫歯になるリスクの高い人がいます。これは同じ人間でも風邪をひきやすい人もいれば、風邪を一度もひいたことがないという人がいることと同じです。
しかし個人差はあっても、口内細菌を放置しておけば、いつかは虫歯や歯周病に感染してしまうことになります。
歯ブラシは大切で虫歯予防の基本ですが、朝・昼と時間のない患者様がほとんどではないでしょうか?
そこでお勧めするのがガムです!!!
歯ブラシをする時間はなくてもガムを噛む時間はあるのでは?
グリコより発売されているPosCAMはかなり優れものです。
食事すると口の中が酸性になります。ポスカムは、口腔内のpHをすばやく中性に戻し口内環境を健康な状態にします。
つまり、むし歯のできにくい環境にする効果があります。
また、ガムを食べる事により唾液が出ますので必然と汚れが落ちやすくなります。
 

ポスカムは、2つの機能で歯を丈夫にする。

 
(1)脱灰を抑え、むし歯のできにくい環境にする。
プラーク内のpHを酸性からすばやく中性に回復させ、リン酸とカルシウムが歯から溶け出すのを抑える。
(2)効率的に再石灰化する。唾液のリン酸とカルシウムを供給し、再石灰化を効率的に促進する。

食後には、口臭エチケットのためのガムではなく「虫歯予防」のためのガム!
ということで、食後にガムを食べて虫歯の予防を行いましょう!!!
歯科タナカは、歯竹 強を応援しております。

クリーニング

新秋津歯科タナカのクリーニングは、他の医院と一味も二味も違います。
新秋津歯科タナカのクリーニングで、入れ歯もインプラントにも無縁な生活を送ってみませんか?
素敵な笑顔は、自分にも周りの人にも幸せを運んできます。
定期的なクリーニングを受けることにより、歯周病や虫歯へのリスクを減らし、自分の歯で毎日おいしい食生活を送りましょう。

こんな患者様におすすめです。

PMTCとは?

P :Professional 歯科医師・歯科衛生士による
M :Mechanical 器具を用いて
T :Tooth 歯を
C :Cleaning クリーニングする。
 
歯に付着したバイオフィルムを除去する方法をPMTCと呼びます。
虫歯や歯周病の原因は、普段の歯ブラシでは落とすことのできない、バイオフィルムと言われています。
ほとんどの患者様は、歯ブラシをしているのになぜ虫歯や歯周病になるのかと考えます。
日々の歯ブラシは、もちろん重要になりますが、バイオフィルムを定期的に落とすことが最も重要です。
歯の表面に付着したヤニや茶渋などの着色を除去し、ブラッシングでは落としきれない汚れや歯石、ステインを専用の機器を使って除去し、歯本来の色を取り戻していきます。
むし歯や歯周病の原因であるバイオフィルム(細菌群)は、約3ヶ月程度で再生します。
したがって、最低でも3ヶ月ごとにクリーニングを行うのが望ましいといえます。
歯ぐきから血が出るなどの歯周病の自覚がある方、タバコを喫煙される方、口臭が気になる方は2ヶ月ごとのクリーニングがオススメです。

関連ページ