虫歯治療

虫歯とは

about Curies

虫歯は口の中の細菌が作り出す「酸」によって歯が溶かされる病気です。代表的な虫歯菌にはミュータンス菌やラクトバチラス菌になります。ミュータンス菌は食器の共有やキスにより唾液を介して移ります。何気ない行動が親から子へとミュータンス菌を移すことになります。
そして、ミュータンス菌は歯に張り付く能力が高く、強い酸を作り出すため、虫歯の発生の足掛かりになります。

ラクトバチラス菌は食物にも存在します。生きている限り感染のリスクがある菌ということになります。ただ、ミュータンス菌と違って歯に張り付く能力は低いため、通常の歯磨きで落とすことが可能ですが、凸凹していて磨き残しやすい場所ではラクトバチラス菌は増殖します。

虫歯の原因

about Curies

虫歯の原因は解明されています!

(1)虫歯菌が口の中に
存在すること

虫歯は国民病の一つとも言えますから、日本人であれば、虫歯菌がいない人を探す方が難しいでしょう。ただ、虫歯菌が口の中にいれば必ず虫歯になるということではありません。

(2)虫歯菌の栄養を摂取すること

栄養があるから細菌は増えることができます。虫歯菌の栄養の代表は砂糖ですが、近年、砂糖以外も虫歯の原因と言われています。食生活と虫歯は密接に関係していると言えます。

(3)食事・間食の頻度が多いこと

食事をすると口の中は酸性になり、歯が溶けやすい環境になります。歯は酸性の状況だと溶けやすくなりますが、食事の頻度(飲み物を含めて)が多いと口の中が常に酸性になるため、虫歯のリスクは上昇します。

(4)虫歯への抵抗性が低いこと

風邪を引きやすい人と引きにくい人がいるように、同じ歯磨き・食生活をしていても虫歯になる人とならない人がいます。それは歯や唾液の質が関係しているのです。

上記4つが全て揃うことで虫歯が進行しますので、虫歯になりやすい人でも虫歯を回避することは可能です。

虫歯の進行速度は?

about Curies

1ヶ月あれば虫歯になりますが、虫歯の進行速度は歯の質や場所によっても異なります。歯のミネラル成分が少なく、虫歯菌が発生する酸に対する抵抗性が低い乳歯や生えたての永久歯は虫歯の進行が速いです。

また、歯の根の部分は虫歯の進行が速い場所になります。歯周病や加齢変化などで歯ぐきが下がり、根が露出した場合には注意が必要です。

虫歯ができるということは、原因があるわけですが、リスクが高い人ほど虫歯の進行は速くなります。

虫歯の治療方法

虫歯の進行度合いによって治療方法は異なります。虫歯はカリエス(Caries)といい、その頭文字の「C」をとり、COからC4までの5段階で進行度合いを分類します。COでは進行しないように予防処置を行いますが、虫歯は自然治癒しないためC1以上では治療が必要になります。

虫歯の進行度合いCO~C4に
ついての説明動画

虫歯の進行度合いCO~C4についての説明動画を
用意いたしましたので、ぜひご覧ください。

CO

about Curies

進行度合い

初期虫歯とも言われますが、歯に穴が空いていない状態です。表面がやや白みがかって見えます。1〜3ヶ月ごとの定期検診で進行度合いの変化を確認します。

治療方法

・PMTC
・フッ素塗布
・歯磨き指導

C1

about Curies

進行度合い

歯の表面に穴が空き始めますが、虫歯はエナメル質の範囲内の比較的浅いものになります。症状はありませんが、削って治す必要があります。

治療方法

・Pコンポジットレジンで埋めます

治療回数

1回

C2

about Curies

進行度合い

虫歯が歯の内部の象牙質まで進行しています。この段階になると、冷たいものがしみたり、甘いものがしみたりといった症状が出ます。虫歯は象牙質の中では広がりやすいため、虫歯の範囲をレントゲン写真により診断します。

治療方法

・コンポジットレジンで埋めます
・インレーを詰めます

治療回数

1〜3回 (虫歯の深さや広さによって異なります。)

インレーによる治療

C2の虫歯の治療についての説明動画

治療後の痛みについてのリスク
マネジメント動画

C3

about Curies

進行度合い

虫歯が神経まで進行してしまっている状態です。何もしていなくてズキズキと痛むことがあります。虫歯菌が神経まで侵入しているので、神経を取る必要があります。

治療方法

・神経をとり、その後にクラウンを被せます

治療回数

4〜6回 (歯の種類や症状によって異なることがあります。)

C4

about Curies

進行度合い

虫歯で歯がボロボロになり、根だけになった状態です。すでに神経が死んでしまい、症状がなくなっていることもありますが、歯ぐきが腫れてくることがあります。

治療方法

・歯を抜きます

治療回数

1回 (抜いた部分の治療は方法によって回数が異なります

抜いた部分の治療

虫歯の症状・痛み

about Curies

虫不思議なもので、虫歯が小さいのに冷たいものが染みる症状が出ることもあれば、神経まで達するほど虫歯が進行しているのに無症状ということもあります。

一般的に浅い虫歯では冷たいものや甘いものが染みるといったことが多く、虫歯が進行すると痛みの持続時間が長くなったり、冷たいものだけでなく熱いものが染みるようになります。

症状がひどくなると、何もしていなくてもズキズキと痛みが増し、歯だけではなく頭まで痛くなることがあります。また、どの歯が痛いのか判別することが難しく、下の歯に虫歯があるのに上の歯に痛みを感じることもあります。

虫歯により頭が割れるほど痛かったけど、一晩耐えたら痛みが無くなったという話を聞いたことがあります。これは治ったわけでなく、神経が死んでしまったことを意味します。

虫歯の予防方法

1)食生活の見直し

about Curies

甘いものを控えるだけでは十分ではありません。砂糖が含まれていなくても、食べ物や飲み物を口にすると口の中が酸性になります。酸性の状態だと虫歯が進行しやすくなりますので、飲食物を口にする頻度を少なくすることが虫歯の予防には重要です。

2)歯磨き

虫歯にならないためには歯磨きは大切です。虫歯菌は夜、寝ている間に増殖しますので、寝る前に歯磨きをしましょう。ただし、歯ブラシで取れる汚れは全体の60〜70%と言われています。特に虫歯になりやすい歯と歯の間の汚れは取れません。フロスや歯間ブラシといった補助器具を使いましょう!ついつい忘れてしまう・面倒になってしまうので、歯ブラシの前にフロスや歯間ブラシをやりましょう。

3)フッ素で歯を強化

about Curies

フッ素は歯に取り込まれると酸に対して強くなります。フッ素入りの歯磨き粉や洗口液を使用しましょう。

4)定期検診を受けましょう

丁寧に歯磨きをしていても、磨きにくい部分や癖で磨けていない場所がある方がほとんどです。定期的いクリーニングをして、バイオフィルムを取り去ることが虫歯の予防には効果的です。当院では3ヶ月に一度のクリーニングをお勧めしています。  また、定期的にチェックしていると、もし虫歯ができても簡単な処置で治療することが可能です。

総合的な歯科検診の
ご相談・ご予約はこちらから

TOP
初めての方へ
当院の特徴
料金表
よくあるお悩み
ドクター紹介
診療案内
口臭
症例
アクセス
お問い合わせ
WEB予約

©️ 秋津駅前すぐの歯医者・秋津歯科・矯正歯科

・平日 8:30-17:00 ・初診最終受付16:00
・土  8:30-17:00 ・再診最終受付16:30
休診日:水・日・祝