歯周病の予防


人間だれでも年をとるものですが、できればいつまでも自分の歯は残したいと思うものです。

歯周病になって歯が抜けてしまうのを避けるためには、しっかりと歯のケアをしなければなりません。

そこで、歯周病を予防するための方法を以下でご紹介します。

 

プラークコントロール

歯垢のことをプラークといい、いわゆる細菌の塊です。

これが歯周病の原因となっているのですが、歯の周辺に付着した歯垢を取り除くことをプラークコントロールと言います。

歯垢は食べ物を食べるたびに付着しますので、食後にすぐに歯磨きをすればほとんど取り除けます。

しかし、既に歯周病にかかっている人は歯周ポケットができていてそこに歯垢がたまります。

歯周ポケットがあると歯磨きをしただけでは歯垢を完全には取り除けませんので、定期的に歯医者さんで除去してもらうしか方法がありません。

歯医者さんへ行けば、薬により歯垢を取り除いてもらえます。

歯磨き

歯周病予防のためには歯垢を取り除くことが大切なのですが、正しい歯磨きができていないと意味がありません。

確実なのは、歯医者さんの直接指導を受けるのがいいでしょう。

よく噛む

食べ物をよく噛んで食べると歯周病予防に効果があります。

よく噛むことにより唾液が大量に分泌され殺菌してくれるのです。

また、噛む回数が増えれば歯ぐきの周辺が鍛えられるという効果もあります。

生活習慣の改善

歯周病は生活習慣病の一種ですので、生活習慣を改善することにより予防できます。

生活習慣病は免疫力を低下させますので、歯周病になりやすくなるのです。

まずは、糖質の食べ物はなるべく食べないようにして、睡眠を十分にとることから始めてみましょう。

 




関連記事