歯周病の症状

歯周病の症状
について

歯周病というのは、初期段階においてはほとんど自覚症状がありません。
そのため自覚症状が現れた時にはかなり症状が進行していることが多いのです。

症状が進行してしまうと治療は長期化して完治しにくくなります。最悪の場合には抜歯しなくてはいけない場合もあります。

歯周病の症状の自覚がなく歯の中に何か異常を感じて、歯科医院で診察を受けて初めて気づくというパターンが多いのです。 次のような症状があるようでしたら、早めに歯科医院で診察を受けなくてはいけません。

出血

歯磨きをした時に歯ぐきから出血したり、硬いものを食べた時に出血があるのは歯周病の症状です。

口臭

perio symptomある日突然口臭がきつくなった場合には歯周病であることが多いです。
歯周病菌は強烈な臭いを出すからです。
ただし、口臭は自分では気づきにくいので、人に指摘されるまでわかりません。

口の中のネバネバ感

歯周病菌が唾液の中に大量に混ざるようになると、口の中がネバネバします。
特に朝起きた時に、口の中がネバネバするようでしたら歯周病の疑いがあります。

腫れ

歯ぐきが腫れてやわらくなるのは歯周病の症状の典型例です。

歯ぐきの色の変化

健康な人の歯ぐきはピンク色ですが、歯周病になると赤くなります。
さらに悪化すると赤紫色に変化していきます。

ウミ

出血の次に現れる症状として、歯ぐきにウミがたまります。
歯科医院へ行けばウミを出してもらえますが、またすぐにウミがたまります。

痛み

歯周組織が弱りますので、硬い食べ物を食べると痛みを感じるようになります。

歯がグラグラする

歯周組織が破壊されますので、歯がグラグラしてきます。

歯が長く見える

歯周組織が侵され歯肉が後退しますので、歯が長くなったように見えます。

食べ物が歯の間に挟まる

歯周組織が侵されると歯と歯の隙間が大きくなり、食べた物が歯の間に挟まりやすくなります。

総合的な歯科検診の
ご相談・ご予約はこちらから

TOP
初めての方へ
当院の特徴
料金表
よくあるお悩み
ドクター紹介
診療案内
口臭
症例
アクセス
お問い合わせ
WEB予約

©️SHIN-AKITSU DENTAL TANAKA

・平日 10:00-21:00(最終受付20:00)
・土日 10:00-18:30(最終受付17:00)
休診日:祝日