訪問歯科

初診WEB予約

お電話でのご予約/お問い合わせ

042-398-4618
診療案内

歯周病のリスク

歯周病とは歯の周辺の疾患のこと

具体的な症状としては、歯ぐきが炎症を起こし腫れて血や膿みが出て、さらには歯がグラグラしたりします。

しかし、歯周病は口の中だけに症状が出るわけではありません。

口は体内への入り口ですので、歯周病菌が体内に入ると体の内部に悪影響を及ぼします。

血液や心肺機能だけでなく全身への悪影響のリスクが高まります。

そこで、以下では具体的な歯周病のリスクをご紹介します。

肺炎

血管を通って歯周病菌が体内に入り肺にまで到達すると肺炎を起こすリスクが高まります。

心臓疾患

歯周病菌が血管を通って心臓にまで達すると心筋梗塞や狭心症になるリスクが高まります。

早産(低体重児出産)

妊婦の方が歯周病の場合には生まれてくる子供にも影響が出てきます。
歯周病の妊婦は早産や低体重児出産の確率が6倍以上高くなるというデータがあります。
早産で生まれてくる子供は、正常に呼吸できなかったり脳に障害があったり、さまざまな障害を抱えるリスクが高まるのです。

糖尿病

歯周病も生活習慣病の一種とされています。
歯周病になると免疫力が低下してインスリンの分泌量が減少し血糖値が高くなります。
そのため、糖尿病を発症するリスクが高くなります。
既に糖尿病の人は症状が悪化してさらに歯周病がひどくなるという悪循環へとつながっていきます。
 


 

 

がん

歯周病は免疫病の一種です。免疫力が低下すると人間の体はいろいろな病気にかかりやすくなります。そのためがんを発症するリスクも高まります。
これらの歯周病のリスクを軽減するためには、早期に歯周病を治療・改善することです。