訪問歯科

初診WEB予約

お電話でのご予約/お問い合わせ

042-398-4618
診療案内

歯周病の痛み

歯周病は、歯と歯の間に歯周病菌が付着して炎症や腫れなどの症状を起こす疾患です。

歯周病は初期の段階では自覚症状がないので、気がついた時にはかなり進行しています。
しかも、歯周病の痛みは経験したことがない人にとっては、どのような痛みなのかわかりません。
そこで、歯周病の痛みについて基礎的なことをご紹介します。

虫歯の痛みとの違い

歯周病と虫歯はどちらも口の中の疾患ですが、その痛みにはそれぞれ特徴があります。

Young Woman Holding the Side of Her Face in Pain最初はちくちくと刺すような痛みがたまにする程度ですが、悪化するとズキズキとした痛みが頻繁に発生します。
この段階になると固いものを噛んだり冷たい水を飲んだ時に痛みが出るようになります。
さらに虫歯の症状が悪化すると、お湯を口の中に入れても痛みを感じるようになります。
この段階になると、寝ている時でも痛みが出てきますので、気になってぐっすりと眠れなくなります。

そして、虫歯の歯だけでなく周辺の歯まで痛くなり、どの部分が痛いのかさえわからなくなります。ひどい場合には耳の方まで痛くなります。

歯周病は初期段階では、腫れや出血は気になっても痛みはそれほどありません。そのため初期段階の歯周病の発見は遅れるのです。
歯周病が少し進行すると、水が歯の根の部分に触れると痛みを感じるようになります。
そして、さらに症状が悪化すると腫れた部分にウミがたまるようになります。
この段階になると、内部にたまったウミの圧力により炎症を起こしている部分にひどい痛みを感じるようになります。
一般的に虫歯は初期の段階から痛みがありますが、歯周病は症状が進行してから痛みが出てきます。