虫歯


  • 虫歯の進行度1

  • 虫歯の進行度2

  • 虫歯の進行度3

  • 虫歯の進行度4

 
about Curies虫歯とは、口の中の細菌が砂糖などの糖質を取り込んで、歯を溶かす『酸』を作り出すことによって、歯質が溶かされて起こります。
『歯周病』と並び、歯科の二大疾患であり、歯を失ってしまう原因の一つです。

歯質が溶け出す作用を『脱灰(だっかい)』といいます。

逆に歯質の溶け出した成分が再び歯に戻っていく作用を『再石灰化(さいせっかいか)』といいます。

『脱灰』と『再石灰化』の作用は、常に歯の中で起こっています。

これらのバランスがしっかりとれている時は虫歯にはなりません。

何らかの理由で、この2つの作用のバランスが崩れ『脱灰』のの方が進んでしまうと、虫歯になってしまいます

虫歯には多くの人が悩まされた経験があるのではないでしょうか。

虫歯はどの世代でも抱える一般的な病気です。

しかし、生えたばかりの歯の方が、未成熟で溶けやすい傾向にあるため、成人よりも子どもの方がかかりやすい病気といえます。

逆に高齢者では、歯質の表面が成熟しており、溶けにくい傾向にあるようです。

高齢者が注意しなければならないのは、『根面う蝕(こんめんうしょく)』といって歯の根の表面が虫歯になる状態です。

歯周病や加齢によって、歯ぐきが痩せてくると、歯の根っこが歯ぐきの外に露出してきます。

歯の表面は『エナメル質』とう固いよろいで覆われていますが、むき出しになった歯の根は、エナメル質に比べて軟らかいため、虫歯になりやすく、進行が早くなります。

また虫歯は進行性の非可逆性疾患です。つまり一度かかってしまうと自然と元に戻ることはありません。

放っておいて治ることはありません。ですから、まだ進行の少ないうちに“早めに治療をすること”が大切なのですね。

しかし、歯質に実質欠損のない『初期虫歯』の状態では、多少の改善も期待できます。

これは、定期的に歯科医院で健診を受けることが第一です。

初期虫歯を早めに発見し、的確に虫歯予防をしていくことで、穴があくのを防ぐ事ができます。

虫歯は怖い病気でもありますが、自らが注意することで、確実に予防ができる。


関連記事