虫歯と口臭の関係


虫歯 口臭

まず知っておいてもらいたいのは、口臭は誰にでもあるということです。口臭は口の中の環境と大きな関わりがあります。

口の中は、湿気が多く、温度も高いため、細菌の温床です。細菌が活発になると臭いを発しやすくなります。

例えば、普段は唾液によって、細菌の臭いも押さえられていますが、起床時は唾液の分泌が減少しているため、普段よりも臭いを発しやすくなっているのです。

口臭の中には、生理的口臭と病的口臭があります。細菌以外のものが原因の口臭もあります。

例えば、食べ物やタバコ、アルコールによる口臭。これは生理的口臭と言われます。

 

病的口臭は、口の中の病気…虫歯、歯周病などが原因のもの。それから、鼻やのどの病気。

胃腸や呼吸器の病気などがあげられます。その中でも特に口臭の原因となりやすいのは、虫歯と歯周病です。慢性的な口臭の約9割が虫歯や歯周病によるものと言われています。

いでは虫歯と口臭はどのような関係があるのでしょうか。虫歯というのは、虫歯菌によって、歯(エナメル質や象牙質)が侵されたものです。

その穴のあいた箇所に、食べ物のカスがつまると、細菌が繁殖してプラーク(歯垢)となり臭いを発します。食べ物のカス自体も発酵状態となると臭いを発します。

さらに虫歯が進行し、歯の神経(歯髄)まで侵されてしまうと、腐敗臭を発することがあります。こうなるとかなりの悪臭がするようになります。

 

虫歯の治療が終わっても、一度治療をした歯は、詰め物と歯の間に多少の段差が出来るので、再び虫歯になりやすくなります。例えば一度治療をして、銀歯を被せてある歯が、実は中が虫歯になっていて、強い臭いを発していることはよくあります。

一見するとわからないところで、虫歯は広がっていることがありますので、定期的に歯科医院へ行ってチェックをしてもらうとよいでしょう。


関連記事