クラウン


crown「クラウン」とは虫歯等の治療で歯を削った後に、被せる人工の歯のことで「被せ物」や「差し歯」とも呼ばれます。

小さな虫歯では削る量が少なく、「インレー」と呼ばれる詰め物で済む場合が多いですが、進行してしまった虫歯の治療などではこのクラウンを使用します。

 

クラウンの素材は多岐に渡り、保険適用のメタル(金属)やレジン(プラスチック)以外にも、保険適用外のセラミックやジルコニアそしてゴールドクラウン(貴金属)等があります。

予算や使用する部位に併せて、強度を考えて素材を選定することが多いです。

一般的に保険適用のクラウンであれば5000円~1万円程度で、保険適用外のクラウンであれば3万円~15万円程度の費用が掛かります。

これに検査代などがプラスされますので、メンテナンス費用を含めた予算をきちんと調べることが大切です。

クラウンを利用する治療で審美的な面に拘りたいのであれば、保険適用だと奥の歯は基本的には白い素材を使用することが出来ないので、保険適用外ですが天然の歯の色調に近いセラミック等を使用することがお勧めです。

勿論保険適用外の治療といえども、技術に左右される部分も大きく納得のいく審美的な効果を得られないこともあります。

同様の症例の治療実績を確認することや、万が一納得がいかなかった場合の保証について治療を始める前に確認をしておきましょう。

保険適用のクラウンは寿命が短いというイメージがありますが、アフターケアをしっかりとしてセルフケアを行うことで、保険適用外のクラウンと同様に長持ちさせることも可能です。

治療後に定期的に歯科健診やメンテナンスを受けることで、クラウンの寿命も随分と変わってきます。

保険適用外のクラウンを使用する場合には、保証期間等をしっかりと確認しておくことも大切です。


関連記事