ジルコニアセラミッククラウン

ジルコニア
セラミッククラウン
とは

「ジルコニアセラミッククラウン」とは、「メタルボンド冠」と呼ばれる金属にセラミックを貼りつけた被せではなく、内側の金属の代わりにジルコニアを利用した物で、金属を一切使用していないので金属アレルギーの心配がありません。

つまり金属の影響による歯茎の変色も無く腐食もしません。 勿論内部に金属を使用していないので、歯に透明度が産まれより自然な仕上がりになります。

セラミックの三倍程度の強度

人工ダイヤモンドのキュービックジルコニアとほとんど変わらない成分で出来ています。 セラミックの三倍程度の強度があると言われるほど強度が強いので、基本的には奥歯等の強度が必要とされている歯や、セラミックでは不可能だったロングスパンでのブリッジにも使用することが可能です。

ジルコニアセラミッククラウンはオールセラミックとは違い、仮止めをすることが出来るので、様子を見て装着を決めることが可能です。色調はオールセラミックには劣るとされていますが、やはり天然の歯に近く審美的な観点からも人気があります。

ジルコニアセラミッククラウン
のデメリット

比較的新しい素材なので長期的な予後の報告が無く判っていない部分もあります。 また保険適用外の治療になるために1本あたり10万円~20万円程度と、コストが掛ってしまうのもデメリットです。 更に天然の歯よりも硬いために、周囲の歯や噛みあわせの歯を痛める可能性があることもあります。

ジルコニアセラミッククラウンは強度に優れ、従来のセラミックのクラウンでは使用できなかった治療にも対応することが可能です。審美的な観点や強度から非常に評価されていて、特に金属アレルギーをお持ちの方に勧められているクラウンです

総合的な歯科検診の
ご相談・ご予約はこちらから

TOP
初めての方へ
当院の特徴
料金表
よくあるお悩み
ドクター紹介
診療案内
口臭
症例
アクセス
お問い合わせ
WEB予約

©️SHIN-AKITSU DENTAL TANAKA

・平日 10:00-21:00(最終受付20:00)
・土日 10:00-18:30(最終受付17:00)
休診日:祝日