メタルフリー治療

メタルフリー治療を
推進しております

新秋津歯科タナカでは、メタルフリー(金属を使用しない)歯科治療を推進いたします。

銀歯に含まれている素材「パラジウム」は世界の中で日本でしか使用されていません!
保険診療で使用が認められている金銀パラジウム合金は、下記の成分で構成されています。(メーカーにより多少の誤差はあります)

  • 金12%(腐食しにくくする)
  • パラジウム20%(銀の柔らかさを補う)
  • 銀50%
  • 銅16%(銀のもろさを補う)
  • 銀歯で治したいですか?
  • その他2%(亜鉛、インジウム、イリジウム等)

パラジウムは金属アレルギー検査で約半数の人に陽性反応が出ると言われています。ドイツやスウェーデンでは歯科業界に対して「幼児及び妊婦に、銅を含有するパラジウム合金と水銀・銀アマルガム合金を使用しない」という勧告を行っています。

また、金銀パラジウム合金の主成分は50%を占める銀になります。シルバーアクセサリーは磨かないとすぐに黒ずんでしまいますよね。あれは錆びてしまうからです。
空気中に放置するだけでも錆びてしまうのが銀です。金(12%)を含んでいるからといって、この合金が錆びずにお口の中で維持されるでしょうか。

錆びがずっと留まると考えると怖いですよね。

全ての金属が悪いの?

そんなことはありません。金は錆びないので、非常に安定した金属と言えます。ただし、純金は柔らかすぎて噛む力に耐えられませんので、合金にして硬さを増強させます。
主成分が金になりますので、金独特の伸びがあり、適合は大変良いものになります。ただし、金はその価格がどんどん上昇していますので、使用する金属量が増えるほど、金歯の価格も上がります。

接着技術の向上、材料の進歩により安定した予後が可能

かつて、セラミックが開発された当初は歯とセラミックを接着させることが難しく、詰め物が取れたり、部分的にかけてしまうことが頻発していました。
ただ、現在は日本が世界を牽引する接着の技術が向上したことで、治療の精度が格段に上がりました。そのため、見た目だけでなく、長期的に安定したセラミック治療が技術的に可能となりました。

セラミック治療だけが
メタルフリー治療?

金属を使わないことがメタルフリー治療ですので、コンポジットレジン、いわゆるプラスチックを用いた治療もメタルフリー治療の1つです。コンポジットレジンの開発も進んできたため、強度や審美性も向上していますが、まだまだ発展途上のため、全てのケースに用いることは困難だと考えています。

治療例

治療前

治療後

総合的な歯科検診の
ご相談・ご予約はこちらから

TOP
初めての方へ
当院の特徴
料金表
よくあるお悩み
ドクター紹介
診療案内
口臭
症例
アクセス
お問い合わせ
WEB予約

©️ 秋津駅前すぐの歯医者【新秋津歯科タナカ】

・平日 10:00-21:00(最終受付20:00)
・土日 10:00-18:30(最終受付17:00)
休診日:祝日