訪問歯科

初診WEB予約

お電話でのご予約/お問い合わせ

042-398-4618
アイキャッチ1

オールセラミッククラウン

「オールセラミッククラウン」は、

虫歯の治療の際に使用されるクラウンの中でも、最も審美的な面で優れたクラウンと言われています。

これは天然の歯に近い色調を選ぶことが出来る為です。
より自然な歯に近いクラウンを使用したい場合には、オールセラミッククラウンがお勧めです。

またオールセラミッククラウンは、

all ceramic crown経年による劣化や色調の変化がなく「殆ど変色しない」と言ったメリットがあります。
オールセラミッククラウンの治療費は保険適用外で8万円~15万円程度と、保険適用のクラウンに比べて高くなってしまいます。
またオールセラミッククラウンはジルコニアクラウンと比較して、「強度が弱くて割れやすい」と言ったデメリットがあります。
 

オールセラミッククラウンは割れやすいので、
メンテナンスに定期的に通う必要があることも多いですが、
保証期間を設けている場合もありメンテナンスをしっかりと受けることで、
例えトラブルがあっても安心して治療を受けることが可能です。
決して治療費は安いとは言えませんが、
保証期間がある場合や経年による劣化や色調の変化がないので、
結果として保険適用のクラウンに比べて通院の頻度が少なくて済むこともあります。
保証については治療を受けるクリニックで事前に確認をしておきましょう。

 
オールセラミッククラウンに限らず、
クラウンの装着は技工士や担当医のテクニックに負う部分が大きいです。
審美的な見た目の違いや持ちの違いが出てしまうので、
治療を受ける前にどんな素材を使ったクラウンの治療が得意か等、
細かい部分をきちんと調べてから治療を受けましょう。
一般的には同じ症例であっても治療に使用するクラウンの素材は、
担当医の得手不得手によって違う場合も多いです。
不安な時にはカウンセリングを複数受けて、症例にあった物を選ぶことも大切です。