銀歯を使わないメリットについて


〜むし歯の治療=銀歯を詰める、と思っていませんか?〜

奥歯のむし歯治療では通常、型を採って、技工士に詰め物を作ってもらいますが、保険診療では銀歯(金銀パラジウム合金という金属を使用)になります。

新秋津歯科タナカの自費診療ではセラミックもしくはハイブリッドセラミックによる治療をお勧めしています。

今回は保険適用の銀歯と自費診療のセラミックの違いについてご説明します。

審美(見た目)

見た目がキレイ

どこを治したの?と思われるくらいセラミックで治療した場合、見た目が綺麗です。

治療の際には、歯の色味の写真を撮り、天然の歯が持つ、微妙な色味の変化まで再現しています。

歯はもともと白いものですが、むし歯治療をするたびに銀歯が増えていくと、口の中が暗くなります。白さ=清潔感です。

再治療へのリスク

白い歯の詰め物一度治したのに、同じところがむし歯になった、という経験はありませんか?

むし歯菌はとても小さいため、歯と詰め物のわずかな隙間からも入り込んで、2次的にむし歯を作ります。

だからこそ、詰め物のつけ方がとても重要です。

セラミックを歯につけるときは表面の処理をして、“化学的”に歯と詰め物を“接着”させるため、むし歯菌が侵入する隙間はありません。

一方、銀歯は糊で貼り付けるイメージです。

糊が溶け出せば、そこが隙間となり、むし歯菌は容易に侵入しますので、再治療のリスクは高くなります。

また、セラミックにはプラーク(細菌の塊)がほとんどつきません。

むし歯治療をした部位=歯ブラシが苦手な部位ですから、汚れがつかないセラミックは治療のリスクをさらに軽減します。

噛み合わせの状態によっては金合金(いわゆる金歯)をお勧めすることもありますので、担当医とよく相談してから治療方針を決めましょう。


関連記事