訪問歯科

初診WEB予約

お電話でのご予約/お問い合わせ

042-398-4618
アイキャッチ1

CASE10 義歯(入れ歯)症例

入れ歯症例

基本情報
70代女性
初診日:2017年12月
主訴:右下が痛い
全身的既往歴:特になし
歯の喪失理由:ペリオ・カリエス

初診時口腔内写真

義歯無し

義歯有り

初診時検査結果

Problem List

● 下顎高度顎堤吸収
● 前後すれ違い咬合
● 現存歯の提出による位置以上
● 咬合三角:崩壊レベル
● カマーの分類:終末レベル
● 最小限の処置による治療を希望
● 審美的要求あり(クラスプは見えるの嫌)

 

Treatment Plan

● #45抜歯
● 旧義歯修理
● #23HR新製
● 上顎金属床義歯、下顎ノンクラスプ義歯
※成功への鍵:受圧条件の悪い下顎に対する咬合への付与,咬合高径の設定(補綴的クリアランスの獲得)

下顎義歯印象

● 総義歯に準じた印象採得
● ノンクラスプ製作のため、現存歯部は広めに
※部分床義歯の印象域に対する考え方
少数歯欠損・・・付着を超えない
歯根膜支持型
多数歯欠損・・・付着を超える
粘膜支持型

 

排列

完成義歯

義歯装着前

義歯装着後

術後4年6ヶ月

Pocket chart比較

所見

挺出していた上顎歯を削合範囲内での咬合平面の調整により、下顎の推進が起こらない咬合平面への修正ができました。