CASE01
インプラント症例

インプラント症例

基本情報
50代女性
初診日:2017年12月4日
主訴:左上の歯が欠けた
全身的既往歴:特記事項なし

初診時口腔内写真

長年、歯のことで悩んできたものの、歯医者が怖くてなかなか通院を踏み切れなかったとのことでした。
歯ぐきの腫れ、古く・合わなくなった被せ物、歯を失った部分、虫歯と問題は山積していました。そして、顎の関節にも問題がありました。お口を大きく開けられない、長時間お口を開けていられない、と歯科治療が難しい状況です。

初診時検査結果

深い歯周ポケット、歯ぐきからの出血が認められました。

初診時パノラマ

パノラマレントゲン写真で全体像の把握をします。過去に多くの治療を受けていることがわかります。本来、歯は骨に支えられているものですが、その骨が失われている歯が多数見受けられます。また、左右の顎関節の動きが連動していないため、お口が開けられないこともわかります。

パノラマレントゲン写真で全体像の把握をします。過去に多くの治療を受けていることがわかります。本来、歯は骨に支えられているものですが、その骨が失われている歯が多数見受けられます。また、左右の顎関節の動きが連動していないため、お口が開けられないこともわかります。

噛み合わせ診査

本来噛みたい位置と今の歯並びで噛み合っている位置の差を記録します。
正常な噛み合わせとは、力を抜いて、口を開け閉めした時に全ての歯が同時に噛み合う状態のことです。一方、異常な噛み合わせとは、歯並びや過去の治療が原因で、顎を前後左右にズラさなければ歯がうまく噛み合わない状態のことを言います。噛むたびに顎をズラしていると、顎の関節に負担がかかり、顎関節に問題が生じることがあります。

 

顎がリラックスした状態で噛み合わせの記録を取る(左図)と、前歯しか噛んでいません(右図)。本症例では患者様は歯が噛み合うように顎を後ろに引きながら噛んでいたことが分かりました。

診査結果ならびに治療方針の決定

赤い×印は残すことが難しい歯、黄色い△印は治療次第で残すことが可能な歯です。多くの奥歯を失うことになるため、全体的な治療が必要になります。前歯の被せ物のやり直しや歯周病の治療も必要になります。

治療に対する患者様のご希望

● 前歯は残したい
● 入れ歯は嫌

治療の流れ

① 歯周病基本治療

歯石などを除去し、歯ぐきの炎症を軽減させます。

② 嚙み合わせの治療

スプリント(マウスピース)や仮歯を用いて、嚙み合わせの位置関係を確立させます。顎や今後製作する被せ物が安定的に機能するためには噛み合わせが大変重要な要素となります。

③ 根管治療

細菌により感染している根の治療を行います。

④ 抜歯

残すことができない歯を抜きます。残せない歯が多数あり、一気に抜歯を行うと治療期間中に入れ歯を使わなければなりません。患者様と話し合った結果、入れ歯は使いたくないとのことから、治療期間は長くなりますが、段階的に抜歯することで治療期間中にも入れ歯を使わない計画としました。

⑤ 部分的矯正治療

理想的な噛み合わせに近づけるため、矯正治療により歯の位置を調整します。

⑥ インプラントなどの外科治療

歯ぐきの手術、インプラントの埋入を段階的に行います。

⑦ 被せ物の製作

噛み合わせや歯ぐきが安定したことを確認して、最終的な被せ物を製作します。

スプリント製作

嚙みあわせの治療を行う場合、いきなり歯を削って、噛み合わせを変えることは基本的には行いません。理論的に正しい噛み合わせであっても、患者様がそれに順応できない場合があります。

もし、歯を削ってから、順応できないことが発覚したら大問題です。まずは噛む位置を補正するためにスプリント(マウスピース)を装着します。これは患者様自身が取り外し出来る装置になりますので、後戻りができる治療方法となります。

本症例では多くの歯が被せ物になっており、また見た目を気にされていたので、上の歯を仮歯に変えてから、下顎にスプリント(マウスピース)を装着しました。

噛み合わせを変えることで顎の関節に影響が出る場合がありますので、CT撮影を行い、その変化を確認します。
本症例では右側の関節は問題がありませんが、左側に問題がありました。

その後、2ヶ月間スプリントの調整を行い、噛む位置が安定し、口を開く量が増えたため、スプリントで設定した顎の位置で噛めるように下顎の歯にも仮歯を装着しました。

噛み合わせが安定したので、上下とも仮歯にしました。

診断用ワックスアップ

顎の位置が決まったので、最終的な被せ物のイメージを患者様・技工士と共有するためにシミュレーションを行いました。上下の噛み合わせの関係より、上の歯が6番目の歯まで作ることとしました。

インプラントと歯周外科 治療プラン

① 前歯の歯冠長延長術 ② 左下インプラント埋入および骨増生 ③ 左上インプラント埋入および骨増生 ④ 右上インプラント埋入およびサイナスリフト ⑤ 右下抜歯およびインプラント即時埋入

1、2、3は同日に行い、歯肉の治癒およびインプラントが骨結合するまで待ち、その後仮歯を装着。その後、4・5へと治療を進めることとしました。

前歯の歯冠長延長術

術後を想定したテンプレートを製作し、その通りに切開をし、その後骨削除を行いました。

左上は骨増生量が多かったため、チタンメッシュを用いた手術になりました。奥側は術前の想定よりも骨が柔らかかったため、インプラントの埋入は1本のみとしました。

左下は計画通り2本のインプラントの埋入と骨増生を行いました。
インプラントの埋入位置は診断用ワックスアップした位置になるよう、専用のサージカルガイドを製作した上で手術を行いました。

1回目術後パノラマ

プロビジョナルレストレーション装着

左上6番へのインプラント埋入

右上6番へのインプラント埋入およびサイナスリフト

2回目術後パノラマ

初診時比較


今後の予定

① 左上6番への仮歯装着 ② 右下臼歯の抜歯、インプラント埋入 ③ 右上インプラントの2次手術、仮歯装着 ④ 右下インプラント骨結合後に仮歯装着 ⑤ 最終補綴装置の製作

総合的な歯科検診の
ご相談・ご予約はこちらから

TOP
初めての方へ
当院の特徴
料金表
よくあるお悩み
ドクター紹介
診療案内
口臭
症例
アクセス
お問い合わせ
WEB予約

©️SHIN-AKITSU DENTAL TANAKA

・平日 10:00-21:00(最終受付20:00)
・土日 10:00-18:30(最終受付17:00)
休診日:祝日