訪問歯科

初診WEB予約

お電話でのご予約/お問い合わせ

042-398-4618
アイキャッチ1

CASE08 顎関節症状を有する患者への無歯顎治療症例

義歯(入れ歯)症例

基本情報
70代女性
初診日:2012年4月4日
主訴:・何度作っても入れ歯が合わない・噛めない・右の顎が痛む・耳鳴りがする
全身的既往歴:高脂血症
歯の喪失理由:ペリオ
義歯経験:約20年前より

初診時口腔内写真(義歯あり)

初診時パノラマ

研究用模型

  • 上顎

    ・右側頬側弓の存在
    ・左側凹凸のある臼歯部顎堤
    ・水平的な骨吸収

  • 下顎

    ・オトガイ舌筋付着部の膨隆
    ・紐状の細い顎堤頂

Problem list

● 義歯への不満
● 下顎顎提の高度・吸収と薄い粘膜
● 不安定な義歯
● 水平的顎間関係のズレ
● 右顎関節症
● 懐疑的な性格

Treatment list

● 旧義歯の調整
● 治療用義歯の制作(上顎即時義歯)
● 最終義歯の制作

完成義歯装着

術後口腔内写真

  • 術前

  • 術後

まとめ

● 適切な下顎位を付与することで顎関節症状の緩和が可能であった
● 粘膜が薄く、咀嚼時疼痛を訴える場合、軟質裏装材は有用な材料である。
● 顎口腔系の不快感軽減がスムーズな顎運動を可能とした。