根の治療の症例


感染根管治療の症例

50代の女性で、
左上の前歯の歯ぐきが腫れたことを訴え来院されました。

    レントゲン写真を撮影すると、根の先に膿が溜まっていること(病変)がわかります。
    レントゲン写真上の黒い丸の部分が病変になります(①)。
    この部分では細菌が顎の骨に侵入し、骨が失われている状態です。
    感染が強く、歯を残すことは難しいかもしれないことに同意をいただいた上で、根の治療(感染根管治療)を開始しました。歯から膿が止まるまで吸引をし、薬剤を入れることを繰り返し、治療を始めて2ヶ月ほどで歯ぐきの腫れが落ち着きました。
    治療を始めて5ヶ月で撮影したレントゲン写真(②)では、根の先の病変(黒い部分)が小さくなり、白さが増していることがわかります。白いのは骨が再生してきた証で、病状が回復してきたことがわかります。
    さらに3ヶ月間、症状の安定を確認して、根管充填(根の中を埋めること)をし(③)、その後、ファイバーコアとオールセラミッククラウンを装着し、治療を完了しました。

    再感染を防ぐためには適合がよく、汚れがつきにくい被せ物を選択する必要があります。
    オールセラミッククラウンを装着後のレントゲン写真でも根の先の病変(黒い部分)が徐々に小さくなっています。
    残念ながら患者様が引っ越されたため、治療後1年8ヶ月しか経過が追えていませんが、経過は良好です。
    ①と⑤のレントゲン写真を比較すると、その違いは歴然です。
    ただ、治療開始から2年4ヶ月経過しても、骨は完全な再生に至っていません。
    このように感染が広範囲に広がっていても、歯を抜かずに治療することは可能ですが、治るまでには時間がかかります。
    こうならないためにも、定期的に検診をする必要があります。




関連記事